ロディマス アニメ

テレビアニメ第二作「トランスフォーマー」の前日譚にあたるストーリー「トランスフォーマー ザ・ムービー」 その主人公であるホットロディマスが新たにMP28として新生しました。. CV:ポール・ドブソン/吹:置鮎龍太郎 グランドコンボイに並ぶサイバトロンの指導者であり、セミトラックに変形。冷静沈着で、彼なりの戦略を以て行動する知性派。かつてセイバートロン星で争いを続けるのではなく外宇宙でのトランスフォーマーの可能性を求め旅立った民の指導者となった(この民達がエネルゴンが存在する環境に適応したのがオムニコンである)。ホットショットのように彼を信奉する者も多い。 以前アルファQが故郷ごとユニクロンに襲われた時助けに駆けつけるのに間に合わず負い目を感じており彼の生存が発覚すると償いとしてその故郷を含め喰われた星を再生させるためユニクロンを蘇らせる必要があると考えるようになる。以前の戦いでの脅威の再来を危惧し聞く耳を持ちたがらなかったグランドコンボイとは対立したが、後に和解。彼の下に加わりデストロンに立ち向かった。星々の再生に成功しそれらが再びユニクロンの蹂躙にあった事もあり認識を改めていた。 ちなみに、劇中では下半身の状態でスーパーリンクしたことは一度しか無く、それも本編とは外れた文化の日スペシャル(日本でのみ放送)内で描かれた仮想プログラム内でのことだった。. 今回はPRIME WARSトリロジー POWER OF THE PRIMESシリーズから ロディマスユニクロナスを紹介します。ネメシス ホットロッドから進化してロディマスユニクロナスになるアイテム!プライムウォーズトリロジーのCGアニメシリーズではヴィランの一人として描かれたキャラクターでもあります。. 『クラウド』では、クラウド世界のオートボットの騎士「ホットロディマス」として登場。容姿・性格は初代に近い。 SARAの力でトリプルチェンジャーへと進化、装甲車の他にもヘリコプターへの変形能力を手に入れた。第三章では主人公を務め、SARAを連れてビーストウォーズの世界などでショックウェーブとの追走劇を繰り広げる事となる。 玩具は『ジェネレーションズ』のスプリンガーの塗装と変形パターンを変更したもの。. ロディマスコンボイ(Rodimus Convoy /Rodimus Prime)は、トランスフォーマーシリーズの日本展開で頻繁に登場する人物名。 本項では直接関連したキャラクター・ホットロディマス(Hot Rodimus/Hot Rod)に関しても記述する。. もちろんロディマス自体、ヘッドマスター含め細部の形状や塗装が海外版から変更され、より劇中の姿に近い製品に仕上がっています。 それではレビューに移ります。. . ホットロディマスは、トランスフォーマー ザ・ムービーで初登場し、最後はマトリクスを受け継いで新司令官になったキャラクターです。 その後、トランスフォーマーにおいて、司令官としてガルバトロン率いるデストロンと戦いを繰り広げました。.

チームロディマスの一員。ロディマスの旗を持つ。 ・建機装甲を装着しスーパーモードへとパワーアップ。 右肩のワイヤーで相手を捕縛可能だ。<第15話> ・ビークルモードの後部は分離して移動砲座となる。<第16話>. 作品によって性格や役割は異なるが、サイバトロン(オートボット)の赤い体の若き戦士、ビークルモードがSFスポーツカー、そして胸にファイヤーパターンあるいは、それにちなんだ配色であることが多い。 ただ、名前はスカイファイアー並にバラつきがあり安定しない。活躍や人物像は各リンク先も参照。. . 『トランスフォーマー ザ・ムービー』(1986)より ホットロッドvsガルバトロンからマトリクス解放のラストまで. 海外の高画質版に日本語版の音声を合わせてみました。 ----- トランスフォーマー 再生リスト【 ロディマスの方は今年(年)に入ってからの新作で、おそらく日本でのアニメ展開に合わせての商品化。 この8月に通常カラー版も発売される予定になっています。. CV:ジャド・ネルソン/吹:石丸博也) 『アニメイテッド』では、「ホット」や「コンボイ」がつかず単にロディマスという名前となった。 原語版での名前はロディマスプライム(Rodimus Prime)であるが、玩具はPrimeよりも格下のMinor扱いとなっている。 オプティマスやセンチネルと同じ、オートボットの一部隊の司令官で、チーム・アセニアのリーダー。士官学校の中でも将来を有望視されたエリートで、弓を主武装としている。.

左から彩色済フィギュア「scf」、ソフビロディマス、変形玩具のロディマスコンボイ。 年に発売された SCFロディマスコンボイ はアニメ版の設定を立体化しており、ソフビや変形玩具とは結構デザインに違いがありますね。. g1当時、ロディマスとターゲットマスターの組み合わせは海外で放送された「トランスフォーマー ザ・リバース」でのもので、海外では玩具も発売されましたが、日本では「ファイアーボルト」はアニメでの登場もなく、玩具も発売されていませんでした。. ロディマス (アニメイテッド) ta-33 オートボット部隊司令官/ロディマス (発売元:タカラトミー) オプティマス達のいる星以外でもオートボットの戦いは繰り広げられている! オートボットのもう1人の部隊司令官、ロディマスの紹介です。. アプリゲーム『アースウォーズ』にロディマスユニクロナスという名で登場した悪のロディマスコンボイ。メガトロナスによってマトリクス・オブ・カオスを埋め込まれ、ユニクロンが憑依した姿だが、完全なユニクロンの傀儡となり果てたのではなく、彼への復讐を画策し、更にはサイバトロン・デストロン両軍の打倒も目論んでいる。 ロディマス アニメ ボディのカラーリングとボンネットのファイヤーパターン、そしてアゴ髭を蓄えたような顔が『シャッタード・グラス』のホットロッドと酷似しているが、全くの別人である。 玩具は『パワーオブザプライム』シリーズのロディマスプライムの仕様変更品として発売。各部のカラーリングやステッカー、ボンネット部のタンポ印刷、そしてロディマスコンボイの頭部の造型が変更されている。. アックスは非変形のものが付属。形状はアニメでの描写に比較的近いです。 無色成形で刃の部分以外がクリアレッドで塗装されています。角度によっては刃にも根元の赤が透けて全体が赤く見えます。 ・ロディマス ビークルモード。. ロディマスも、人気があればその後のシリーズにも登場したはずだと思うけど、まあ、向こうでも. 〇ビークル・ロボットモード共にG1アニメのデザインに準じています。 〇下肢の関節が緩いです(゚Д゚)ノ(個体差かも>) 〇「ヘッドマスター」じゃないんですね・・・。.

なんでしょうねえ。 今や彼の ポジション には バンブルビー がいるしねえ。. アニメまんまな雰囲気のロボットモード。 ホットロッドはロディマスプライムになる前の姿で、陽気な若いオートボット戦士。 オプティマスとメガトロンとの対決やらかしてしまいオプティマスが死亡・・・。. 商品はロディマスコンボイとホットロディマスのコンパチで4段変形が可能。 ただし初販版は品質がシリーズ最悪であり、パーツの噛み合わせが悪かったり変形が複雑だったり武器が持てなかったりとツメが甘かったのか色々と不評な点が多かった。. CV:岡野浩介 『マイクロン伝説』では日本版で初めてホットロッドという名前が採用された。 海外版『Transformers: Armada』における名前はホットショット(Hot Shot)。 コンボイと共に地球へやってきたサイバトロンの若き戦士。スポーツカーに変形する。パートナーマイクロンはジョルト。 年齢は地球人でいう16歳ぐらいで、主人公のラッド達と一番仲が良くなった。 若々しさや黄色い体のため、玩具やアニメのレビューで「バンブルを連想する」と紹介されることもある。. 『レジェンズ』では、『ザ・リバース』にてコンビを組んだファイヤーボルトが付属し発売。胸部パーツ(車体前面)が新造され、ビークルモード時にターゲットマスターを取り付けられたり、ロボットモード時にエンジンを反転して隠せるようになった。ただし海外版で付属した2丁の銃や、胸部の隙間を埋める変形機構が犠牲になっている。 以下コミックにおける、ロディマスとファイヤーボルトの解説。設定上はG1と同一人物である。. プロポーションは、アニメ本編に準拠していてカッコいいですね。 リアビュー。ホットロディマス(その1参照)と殆ど変わりません。 ロディマスコンボイと言えば、フォトンエリミネーター。. 次のUWはスカイリンクス中心か、ロディマスやウルトラマグナス中心来ないかな -- 名無しさん:17:17) ロディマス アニメ アニマトロンってクインテッサが作ったのに、クインテッサがデストロン裏切った後もそのままデストロンにいたのは、コンバットロンみたいに.

トランスフォーマー トランスフォーマー サイバトロン コンボイ キャンピングカー 老け顔 主人公(笑) トランスフォーマースーパーリンク グランドコンボイ トラック ホットショット パワーオブザプライム ユニクロン 闇落ち ホットロディマス ホットロッド ロディマス ひよっころでます・・・めりっぺ氏によるロディマスコンボイを基にした二次創作キャラクター。. 勇気あるロディマスはこの危機を乗り越えられるか・・・・・・! アニメでチョイ役で登場したロディマス。 声を当てていたのがtfのロディマスコンボイと同じで方で嬉しかったのだが 哀れロディマスはわりとあっさりと宇宙サビの餌食に・・・. けっこうidw版ロディマスに似て見えます。 (そもそもスプリンガーの方がアニメとは似てないというのもありますが) 目には集光ギミックあり。 また胸部にはロディマス特有の ファイアーパターン がペイントで追加されています。. アニメ本編にはあまり登場しませんが、 ザムービーやのロディマスを思い出させるデザインで、そちらのロディマスとして、 ブンドドすると楽しみの幅が広がります! ほぼ文句無しなんですが、股関節がじゃっかんゆるいです. ロディマス(ろでぃます) ニックネームはロディ ろでます。トランスフォーマー アニメイテッド,などに登場する. CV:オマール・シー/吹:多田野曜平 ロディマス アニメ 実写版5作目『最後の騎士王』では、ホット・ロッドの名で登場。何気にこの名前で日米ともに設定されたのは今作が初だったりする。ただし中黒が入る点には注意。 当初はシトロエンDSに変形していたが、後に黒とオレンジのランボルギーニ・チェンテナリオにスキャンし直す。. CV:ジャド・ネルソン(劇場版)、リシャール・ゴーティエ(TV版)、テッド・シュワルツ(TV版初期)/吹:石丸博也 『ザ・ムービー』にて初登場した、サイバトロンの血気盛んな若き騎士。大きなウィングとファイヤーパターンが特徴の、スポーツカー風の改造車に変形する。 海外での名前はホットロッド(Hot Rod)。1930年代のアメリカで生まれた、スピードが出るようにエンジン等を改造した自動車が由来である。 後にコンボイからマトリクスを受け継ぎ、二代目総司令官ロディマスコンボイとなる。 続編『』では自分の若さや未熟さに悩みながらも、サイバトロンを率いてデストロン軍団やクインテッサ星人に立ち向かう。 ちなみに初登場シーンは魚釣り。.

アニメ版でもドリームウェブ版のコミックでも、ハデな立ち回りの多いロディマス。 そのアクションシーンを再現するのにディスプレイはありがたい。 コンボイ「後はたのだぞ!ホットロディマス!」 「その声はコンボイ司令官」!. See full list on dic. 20年ほど前のローディスト語「ロディマス」の由来は? 1995年頃にファンロードを購読していた元読者です。今頃になって知りたくなりました。当時としてもすでに、「昔懐かしのローディスト語」だった言葉のようなのですが、たびたび誌上にて「ロディマス」という言葉を目にすることが. このロディマスはアニメのスタイルを造形化した中では意外にも上位だと思います。 TFってその名の通り変形が主ですから、メガSCFはコアなファンしか 手を出さなかったのかもしれませんねー、評判も良くなかったしw. アニメに準拠したカラーリングとメタリックカラーの2種類が発売。ロディマス版もあり。 スタンプボット コンボイタイプ / Convoy トレーラー部分がスタンプになっているディフォルメ版。 メタルフォースコレクション コンボイ / Convoy. More images for ロディマス アニメ ». CV:小野賢章 名前が日本版G1に準拠した『キュートランスフォーマー』ではやはりホットロディマスとなった。第12話にてウルトラマグナスと共に登場。 バンブルを「バンちゃん」、ウルトラマグナスを「マグちゃん」と呼ぶなど、フランクかつ軽いノリの人物。 『コンボイの謎』がクソゲーになったのは自分の責任だと嘆くマグナスとは対照的に、こちらはこちらで「ごもっともな意見じゃないのぉ?w」と評判を特別気に留めていない様子で、逆に自分の出現条件の面倒臭さを笑い話のタネにしている。 議題パートでは、本来は「『コンボイの謎』の謎」について語り合うはずだったが最初にマグナスが話を脱線させたため、いつの間にか個人的に疑問を感じたことを語る流れになってしまう。ロディマスは「レストランのサラダの量が異様に多い」という話をするが、マグナスから「俺達(TF)って、サラダ食べるのか?」と冷静なツッコミを受けてしまう。出鼻をくじかれつつも、続けて「コンボイが遅そうなトラックに変身することが謎」という意見も上げるが、またしてもマグナスから「速さだけが取り柄じゃないだろ」「力で!体で!大きさで押し潰す!みたいなのもあっていいんじゃないか」と熱い弁舌でツッコまれてしまった。.

さすがロディマス、比較する対象が多い・・・。 ロボットモードで。 左から マスターピース mp-28「サイバトロン戦士 ホットロディマス」 power ロディマス アニメ of the prime「rodimus prime(ロディマスプライム)」 titans return「autobot hot rod(ホットロッド)」.